オシャレなジョウロを買ってみた!(Born in Sweden)ウォータリングカン

最近、何年も使用していた観葉植物に水やりしていた洗浄瓶「ポリクリーン」にカビが生えて黒っぽくなってきてしまいました。

ポリクリーンとは、こういうやつです!

100均などで売っています。
元々エアコン掃除のために購入しましたが、その役目が終わった後、水やり役におさまりました。
これは結構便利です。
鉢が小さめで、水があまりいらない多肉植物の寄せ植えなどはこういった形状のもので、微調整できるのが便利だと思います。

ただ、今回カビかコケか分からないですが、中が汚くなってしまって、カビなどが植物に移ってしまうのも大変なので、買い替えることにしました。
今回はせっかくなのできちんとしたジョウロを構えようと色々と探しました。

ただ、普通のものより少しデザイン性の高いものを選ぶことにしました。
というのも、使用頻度の高いものなので、使用する度にワクワクしたいですもんね!

で、選んだのがこちら!
「Born in sweden」ウォータリングカン!

スポンサーリンク
広告

デザイン性

最初これを近くのインテリアショップで見つけました。
インパクトのある形に目を惹かれました!

ただ、定価販売だと5,000円弱はするので、さすがにジョウロにその値段は出せないなーと、奥さんと負けた気分で引き上げました。。

ただ、やはりそんな時はインターネット!
帰って早速調査!
すると楽天で安く見つかったので、すぐに購入です!

スウェーデン製ということもあり、なかなか前衛的なデザインだと思います。

ホース部分はマグネット式になっており、くっつけておくことが出来ます!

使い勝手のイメージがうまく掴めませんでしたが、表示をみるとポット部分を上下することで、水量の加減をするようです。

早速使ってみました!

使ってみた

結果、難しい!
まだ水やり1回目なのでなんとも言えませんが。。
というのも、さっきも言った通り、ポット部分の上下で水量を加減するのはサイフォン方式の原理だと思いますが、これが難しい。。

と、いうのも私は室内で観葉植物を楽しんでます。
なので、もし水を間違えて鉢から外すと、そこは室内な訳ですよ。
リビングであり、寝室であり、キッチンなんですよ!
ということは、外すと軽く惨事です。
加減がまだ難しいんですよねー!

ポリクリーンは、「チューッ」と出る感じで少しずつ出たんですが、こちらは気を抜くと結構な量の水が出ます。

ただ、慣れてくる部分もあると思いますので、今後頑張ってみたいと思います!

まとめ

ここまで記事を書いてきましたが、室内に向くかどうかはまだ分かりません。
ただ、屋外使いならガンガンいっちゃってください!

さすが、海外製という使い勝手のクセがありますが、なんとか使いこなしてみたいと思います!
コツが分かれば追記していきたいと思います。

追記
使用して2回目は、だいぶコツを掴んできてバランス良く水やりができました!使えそうです!
コツとしては、大きめの鉢へ先に水をやると、水量が減ってコントロールしやすいです。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告